紅白審査員に上沼恵美子?NHKが超絶サプライズを検討

2018年12月18日 16時30分

上沼恵美子

 大みそかに超絶サプライズが炸裂か――。「第69回NHK紅白歌合戦」にサザンオールスターズが特別企画で出演することが先週発表された。すでに、北島三郎(82)も同企画で出演することが決まっており、“目玉なし”という最悪の事態は免れた格好だ。だが、長期的に下落傾向にある視聴率を考えると、心もとないのも確か。さらなる数字の“爆上げ”をもくろむため、同局関係者はサプライズを検討しているという。騒動の渦中にある上沼恵美子(63)の審査員起用だ。

 当初、目玉不在といわれた紅白だが、サザンが特別枠の最終歌唱者に内定し、紅白を卒業した北島も代表曲「まつり」を歌う。音楽関係者は「国民的バンドのサザンに加え、北島も『再び紅白の舞台で見たい』という声が多く、実現することになりました。いずれも平成を締めくくるのにふさわしいキャスティングと言えるでしょう」。

 だが決して順調だったわけではない。出場確実と見られていた韓国の男性グループ・BTS(防弾少年団)の出演が“原爆Tシャツ”問題が持ち上がって頓挫。大好評の朝ドラ「まんぷく」の主題歌を歌う「DREAMS COME TRUE」、今年最大のヒットシングル「Lemon」をリリースし、若者に絶大な人気の米津玄師の特別出演もなさそうだ。

 そんな状況下で“平成の怪物”を担ぎ出そうとしていたことも分かった。

「スポーツ分野のゲスト審査員として、実は“平成の怪物”こと、中日ドラゴンズの松坂大輔投手に声をかけた。球史に名を残す大投手であり、ケガによる長い苦節を経て、今年また復活したストーリーは番組の趣旨にも合致する。でも、年末年始を家族と過ごしたいとの理由で辞退した」(NHK関係者)

 すったもんだの末、サザンと北島が決まったのだから、格好はついた。だが、まだ安心はできない。何といっても裏番組が強力だからだ。

 同関係者は「日本テレビの人気シリーズ『絶対に笑ってはいけない トレジャーハンター24時!』には一定の視聴者がいるし、フジテレビはプロボクシング元5階級王者メイウェザーと那須川天心が対戦する『RIZIN』が絶対数字を稼いでくる。このままではどこまで視聴率が伸びるか…」と不安を隠せない。
 何とか数字を爆上げできないものか――。そこで浮上しているのが、なんと上沼のゲスト審査員だという。上沼といえば、「M―1グランプリ2018」でも審査員を務めたが、「とろサーモン」の久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」の武智正剛が“暴言”を吐いた動画を流し、話題となったばかりだが…。

「上沼さん自身は、2人に対し『興味ない』と、不問とする意向を示したことで、それほどマイナスのイメージはない。むしろ騒ぎ立てなかったことで、人気が上がった気さえする。M―1の審査も『公平だった』という声も多いし、紅白の審査員も務めたら、話題性は十分」(同)

 実は紅白とも縁が深く、1994~95年の2年間、紅組の司会を務めた。視聴率は94年の1部(午後8時~9時25分)が40・1%、2部(9時30分~11時45分)が51・5%。続く95年が1部が44・9%、2部が50・4%だった。昨年の紅白は、前半(7時15分~8時55分)が35・8%、後半(9時~11時45分)が39・4%だったから、時代が違うとはいえ、上沼が司会を務めた2年間の方が、はるかに高い視聴率を記録した。

 また今月11日、NHKで放送された「第18回 わが心の大阪メロディー」に出演した上沼はオープニングに登場。漫才コンビ「海原千里・万里」時代の76年に出したヒット曲「大阪ラプソディー」を熱唱して、大歓声を浴びた。

「上沼さんはトークはもちろんだけど、歌唱力も抜群。審査員だけでなく『大阪ラプソディー』も歌ってくれたら、盛り上がるのは間違いない」(芸能プロ関係者)

 サザン、北島のみならず、上沼も出演すれば、「今年は目玉なし」などと、二度と言われなくなるのは間違いない!?

(視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: