山川豊 50代最後のコンサートで39曲熱唱「目標は70歳」

2018年09月17日 11時18分

田川、水森、氷川からプレゼントされた60本のバラを手にして感激の山川

 演歌歌手・山川豊(59)が16日、東京・台東区の浅草公会堂で50代最後のコンサートを開いた。

「きょうは還暦に合わせて赤いジャケットを着てきました」と気合十分の山川。約1000人のファンで満席の中、新曲「今日という日に感謝して」やヒット曲「アメリカ橋」、デビュー曲の「函館本線」など全39曲を熱唱した。「目標は70歳。でも声が続く限り歌っていきますよ」と、さらなる歌への意欲を燃やした。

 来月15日に「還暦」を迎える。「年々、ふるさとが恋しくなり、初めて自分のふるさとを歌った新曲『今日という日に感謝して』を出させていただきました。ユーチューブでは約38万回も再生されているそうで、本当にうれしいですね。この曲を大ヒットさせ、ふるさとに恩返しがしたいです」と力を込めた。

 また、事務所の後輩である田川寿美、水森かおり、氷川きよしから60本の赤いバラとお祝いメッセージが贈られ、大感激していた。