キムタク「A LIFE」視聴率13・9%にダウン 草なぎドラマは11・3%

2017年01月30日 11時17分

 元SMAP木村拓哉(44)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第3話が29日に放送され、平均視聴率が13・9%を記録したことが30日、分かった。

 

 同作は、木村が初めて医師役を務めるヒューマンラブストーリー。竹内結子のほか、浅野忠信、松山ケンイチら主役級を並べた豪華キャストがズラリの注目作だ。初回(15日放送)は木村の主演連続ドラマの初回視聴率最低記録となる14・2%を記録したが、第2話は14・7%と0・5ポイント上昇。15%超えが期待されたが、0・8ポイント下落した。

 

 今クールは草なぎ剛(42)が「嘘の戦争」(フジテレビ系)に出演しているため元SMAPメンバーの「主演ドラマ対決」にも注目が集まっている「嘘の戦争」の初回平均視聴率は11・8%。第2話で12・0%と0・2ポイント微増したが、第3話は0・7ポイント下落し初回を下回る11・3%だった。これまでの視聴率は、いずれも木村のドラマが上回っている。

 

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)