【箱根駅伝】王者・青山学院大が大苦戦 2区中村「チームに迷惑をかけた」

2021年01月02日 11時52分

平塚中継所11位でタスキをつなぐ青学大3区の湯原慶吾(右)と青学大4区の佐藤一世(代表撮影)

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で2連覇を目指す青山学院大がまさかの苦戦を強いられている。

 青山学院大は、1区にエース・吉田圭太(4年)を起用したが「苦手なレース展開になった」とまさかのスローペースに大苦戦。6位でタスキをつないだものの、リードをつくることはできなかった。

 すると、2区では前回大会2区で日本人1年生史上最速タイム(1時間7分3秒)をマークした岸本大紀(2年)を欠く中、エントリーされた中村唯翔(2年)が大ブレーキ。順位を13位まで落とし「(1区の)圭太さんがいいところでつないだが、自分のところで順位を落とす形になってチームに迷惑をかけた。これは今の僕の力だと思っているので、自分の力がなかったのが現実」と悔しさをにじませた。

 3区では、当日変更の湯原慶吾(3年)が11位まで順位を上げたものの、なかなか上位との差を詰められない。とはいえ、例年、数多くのドラマが起こる5区の山登りには〝実質5年生〟竹石尚人(4年)が登場。まだまだ勝負は分からないだけに、少しでも早く差を詰めたいところだ。