吉高「花子とアン」 あまちゃん超え21・8%好発進

2014年04月01日 12時29分

 女優・吉高由里子(25)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「花子とアン」の放送が3月31日にスタートし、初回平均視聴率は関東地区が21・8%、関西地区は18・1%だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 連続テレビ小説の初回視聴率(関東地区)が20%を超えるのは、2013年度に放送された「あまちゃん」「ごちそうさん」に続き3作連続。「花子とアン」は「ごちそうさん」の22・0%にはわずかに及ばなかったものの、「あまちゃん」の20・1%を上回る好発進となった。