ダウンタウン新番組苦戦でもテコ入れできない裏事情

2013年11月08日 16時00分

ダウンタウンが悪いというわけでもないだろうが…

 人気お笑いコンビ「ダウンタウン」が司会を務める日曜夜の新番組「教訓のススメ」(フジテレビ系)が、いきなりの大ピンチを迎えている。3日放送の初回視聴率は7・2%と、いきなり低空飛行のスタートとなった。同日は「楽天VS巨人」の日本シリーズがあったが、それにしてもあまりに低視聴率。今後はかなりのテコ入れが必要とみられるが、それができない裏事情もあるという。

 3日の「教訓のススメ」は初回スペシャルで、午後7時からの2時間枠で放送された。当初は通常通り午後8時台で放送される予定だったが、午後7時台の「ほこ×たて」がヤラセ問題で急きょ打ち切りとなり、やむなく2時間特番になるという経緯があった。

 この日は裏番組でテレビ朝日が日本シリーズ第7戦を放送したため、「教訓のススメ」の苦戦は当初から予想されていた。「そうは言っても、テレビ東京の裏番組『モヤモヤさまぁ~ず2』よりも視聴率が低い。日本シリーズのせいにはできないよ」とはフジ関係者。

 この日曜午後8時枠は9月まで、同じダウンタウン司会の「爆笑 大日本アカン警察」だったが、低視聴率で打ち切られた。「ダウンタウンといえど、あまりにも低視聴率が続くとさすがに安泰とは言えない。降板もあり得るんじゃないか」とは芸能プロ関係者。

 ダウンタウンは「アカン警察」だけでなく、メーンキャストだったTBS系バラエティー番組「リンカーン」も9月で終了。松本人志(50)が監督を務めた映画「R100」も大コケとなり、「勢いは完全に落ちた」とまで言われている。「だから『教訓のススメ』は絶対にコケられない。正念場」と前出フジ関係者は言う。

 不振が続くフジでは最近、大物でも容赦なく降板させている。長寿番組「笑っていいとも!」の来年3月打ち切りがいい例で、ギャラが高いタレントは大御所タモリ(68)でさえ切られる。ダウンタウンも数字が稼げなければリストラ対象となるのは当然の流れだ。

 そんな事情から今後、同番組には大幅なテコ入れが必要だが、それができない理由も。「『教訓のススメ』のチーフプロデューサー(CP)は、実は『ほこ×たて』でもCPだった」とフジ関係者は明かす。他にも「ペケ×ポン」など人気番組を担当していた。

「最近元気のないフジのバラエティーでは、『唯一勢いがあるプロデューサー』と言われていた」とは芸能プロ幹部。おまけに過去には「アカン警察」や「HEY!HEY!HEY!」などのCPも務め、ダウンタウンの信頼も厚かったという。

 本来ならこのCPの下、視聴率アップのためテコ入れもできそうだが、「ほこ×たて」が不祥事で打ち切られた後だけに、局内では「難しいのでは」との見方が強い。「『ほこ×たて』でヤラセ問題が起きた以上、今後、他の番組でも過剰な演出はできないだろう」と同幹部。

 それどころか「ヤラセ騒動で打ち切りになった責任をとらされ、更迭は確実」なんて情報も。気心の知れたプロデューサーがヤラセ騒動に巻き込まれ、ダウンタウンまで共倒れしなければいいが…。

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)