浜崎あゆみの自伝的小説がドラマ化 松浦会長役の三浦翔平「エグいプレッシャー感じる」

2020年02月29日 05時00分

松浦会長役の三浦翔平(左)と浜崎役の安斉かれん(C)テレビ朝日/AbemaTV

 昨年大ヒットした歌手・浜崎あゆみ(41)の自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著)が4月から連続ドラマ化されることになった。同名のタイトルでテレビ朝日で毎週土曜午後11時15分から放送されるほか、インターネット放送「AbemaTV」でも独占配信される。浜崎役を演じるのは“令和の歌姫”安斉かれん(20)、エイベックスの松浦勝人会長役は三浦翔平(31)が演じる。

 浜崎が松浦会長と出会い、スターへの階段を上っていく中での喜びや葛藤、そして別れを描いた「M――」は昨年8月に発売されてから、あっという間に10万部の大台に乗る大ヒットとなった。待望のドラマ化であり、脚本は鈴木おさむ氏が担当する。

 注目の浜崎役・アユに抜てきされたのは、昨年5月にシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューするも“バーチャル説”が飛び出していた安斉だ。「初めてのお芝居でとても緊張していますが、自分なりにこの作品がどうやったらより良くなるかをたくさん考えて臨みたいと思っています。少しでも多くの方に楽しんでもらえる作品になればうれしいです」

 また松浦会長役のマサには三浦が選ばれた。「良くも悪くも、ものすごく注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています…。浜崎あゆみさん、松浦さん、お二人に携わる全ての方たち、そして何よりあゆのファンの方々に納得してもらえるようマサ役を全力で全うしたいと思います。鈴木おさむさん脚本の色も楽しんでいただき、温かく見守って頂けると幸いです」とコメントした。