「あなたの番です」ナゾを残した最終回視聴率は19・4% 一気に7・1ポイント上昇

2019年09月09日 11時01分

西野七瀬

 8日に放送された田中圭(35)と原田知世(51)のダブル主演ドラマ「あなたの番です—反撃編—」(日本テレビ系)最終回の平均視聴率が19・4%だったことが9日、分かった。

 同ドラマは、田中と原田の新婚夫婦が引っ越した分譲マンションで、連続殺人が起こるミステリーだ。同局では約25年ぶりの2クール(4〜9月)連続ドラマで、秋元康氏(61)が企画・原案を手がけた。

 第1話は8・3%で、その後も1桁台と低調だったが、第13話で10・9%と2桁に突入。台風の影響で外出を控えたお茶の間の視線が集まったこともあり、前回第19話の12・3%から一気に7・1ポイント爆上げした。

 元乃木坂46の西野七瀬(25)演じる黒島沙和が連続殺人の真犯人で動機も明らかにされた。だが、最後に登場した「無人の車椅子」「手足を拘束された黒島の祖母がマンションから落下」など新たなナゾになった。ネットでは「モヤモヤする」の声が圧倒的で、同作の続編や劇場化につながるのでは?という声が上がっている。

※視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ