二階堂ふみ女優魂見せた「ストロベリーナイト・サーガ」で竹内結子の大胆シーン超え

2019年04月27日 11時00分

文字通り、一肌脱ぐ覚悟の二階堂

 二階堂ふみ(24)、亀梨和也(33)のダブル主演で放送中のドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(木曜午後10時、フジテレビ系)の視聴率が低空飛行を続けている。そのためテコ入れ策として二階堂が一肌脱ぐことになった。同ドラマは過去に竹内結子主演でドラマ、映画がヒットした「ストロベリーナイト」のキャスト一新版。どうしても竹内と比較されるため、視聴率挽回の使命を背負った二階堂が決意した“大胆な濡れ場”の中身とは――。

 11日にスタートした「ストロベリーナイト・サーガ」の視聴率は7・8%、第2話は6・4%だった。同じ警察モノではテレビ朝日系の「緊急取調室」シーズン3、「特捜9」がともに初回15・2%だったのと比べると、ほぼダブルスコアだ。

 誉田哲也氏の一連の小説「姫川玲子シリーズ」をもとに、竹内結子&西島秀俊の主演で「ストロベリーナイト」はスペシャルドラマとして2010年に放送され、12年に連ドラ化、平均視聴率15・4%を叩き出した。翌13年には映画化され興行収入21・5億円のヒットとなったフジテレビ発の人気コンテンツだ。

 それだけに、キャストとスタッフが一新されて生まれ変わった「――サーガ」の新姫川役・二階堂には、嫌でも竹内とその数字が付きまとう。

 低視聴率の原因については「二階堂と亀梨に、かつての前作のファンが大きな違和感を覚えるからでしょう。デキの悪いパロディー版を見せられているような雰囲気。前作と同じストーリーを違う2人が演じているのだから、ある程度は仕方ないですが…」(ドラマ関係者)

 責任を背負わされる二階堂には酷な話だが、負けん気の強さでも知られる若手実力派としてはこのまま惨敗では終われない。テコ入れ策としてある決意をしたという。

「あの女優魂は本物です。視聴率のために濡れ場に臨むことを自ら提案したそうです。13年の映画版では竹内が大沢たかおを相手に車内での大胆シーンを披露して話題になった。二階堂はそうした際どいシーンを演じたいと申し出ている。竹内のドラマ版ではなかった姫川の濡れ場が設けられそうです」(関係者)

 ひょっとして車内での二階堂の乱れたシーンが見られる? キャスティングをめぐってはこんな経緯もあったとされる。

「今回の企画が浮上した際、当然ですが、再び竹内・西島コンビにオファーしたんですが、竹内は体調不良とスケジュール調整不足を理由に断った。先ごろ俳優の中林大樹と再婚し、妊活をするためともいわれている。結果的に竹内がNGになったことで西島も流れ、キャストを一新することになった」(ドラマ関係者)

 二階堂といえば、昨年公開された主演映画「リバーズ・エッジ」のベッドシーンでバストトップを惜しげもなく見せるオールヌードを解禁したことでも知られる。

 濡れ場やヌードには何のためらいもない女優魂があるだけに、文字通り「一肌脱いで」視聴率が上がれば、さらに株を上げそうだ。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)