松坂桃李 初恋の相手はヤンキーグループ・リーダーの彼女「8人に囲まれた」

2019年04月08日 15時52分

松坂桃李(左)と山本美月

 俳優・松坂桃李(30)が主演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「パーフェクトワールド」(16日スタート、毎週火曜午後9時)の制作発表会見が8日、都内で行われ、松坂のほか女優・山本美月(27)ら主要キャストが出席した。

 有賀リエ氏が描く、女性コミック誌「Kiss」(講談社)に連載中の人気コミックを実写化。主人公の車いすに乗った建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていくことで生き方が変化していくラブストーリー。

 連ドラで純粋な恋愛モノに初挑戦する松坂は「本当にこのへん(=胸のあたり)がずっとモゾモゾしています。ちょっと台本読んでても『うわ! あ!』というか…恥ずかしさもちょっとある」と心境を明かした。

 山本が「私は絵を描くことが好き。つぐみちゃんと絵が好きなところが一緒で共感できます」と役柄に重ね合わせると、松坂は「山本さんは絵がほんとに上手です。iPadで、メークルームで空き時間で描いているのを見たら、ものすごく上手くて。本当にすごいな」と目を丸くした。

 ドラマに絡めて初恋の話題になると、松坂はバレンタインの苦い思い出を告白。「中学1年生のころ、学校に着いて机に手を入れると、チョコと手紙が入ってて『このチョコを誰々君に渡してください』って」。ただ、渡す相手は友達でも知り合いでもない男子生徒だったようで、困惑しながらも「『ごめん、ちょっといい?』と言ってチョコを渡しました。『何、お前?』と言われて、俺は何をやっているんだろうと思った」と勘違いされてもおかしくないシーンを思い返した。

 さらに中学2年生時の初恋を明かし「告白してOKをいただいて付き合った」そうだが「ヤンキーの頭を張ってる先輩が出てきて『俺の女に手を出してるのか!』と、8人ぐらいに囲まれた。『これは勝てないよ〜』というものがありました。(女性が)実はお別れをちゃんとしてなかったようで…」と苦笑いした。

 また、山本を溺愛する父・川奈元久を演じる松重豊は、山本と同じ福岡県出身で家も近所だといい「何丁目、何番地が3つ違うぐらい。半径300メートルぐらい」と偶然に驚いた。

 なお、会見には長沢葵役の女優・中村ゆり、是枝洋貴役の俳優・瀬戸康史、渡辺春人役のジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」の松村北斗、渡辺剛役の木村祐一、川奈咲子役の堀内敬子も出席した。