綾瀬はるか「ぎぼむす」第6話13・9% “ちびみゆきロス”続出「あんな可愛い娘が欲しい」

2018年08月15日 12時06分

女優の綾瀬はるか

 14日に放送された綾瀬はるか(33)主演のTBS系連続ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜午後10時)第6話平均視聴率が13・9%だったことが15日、分かった。

 ドラマは桜沢鈴氏の4コマ漫画が原作で、綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマンである義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語。主人公・岩木亜希子(綾瀬)は子持ちのサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)にプロポーズされ、結婚を決意。娘の母親になろうと苦手な家事や育児に奮闘。家族と過ごす10年間を描く。

 今作は同枠で大ヒットした新垣結衣(30)主演「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年10~12月)の初回視聴率10・2%を上回る好スタートを切った。視聴率は第1話11・5%→第2話11・3%→第3話12・4%→第4話12・2%第5話13・1%と推移。今回は前回から0・8ポイント上昇し、番組ベストを更新した。

 第6話からは、いよいよ第2章がスタート。10年がたち、亜希子と高校3年生に成長したみゆき(上白石萌歌)の絆が描かれる。亜希子は、みゆきのためにそばにいることが最良と考え、就職はせずに、貯蓄をベースに不足分をデイトレードの収益で補う形で暮らしてきた。しかし、それはみゆきに、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまっていたようだった。そこで、亜希子は働くことの「尊さ」を、自らの背中で見せるために、再就職を決意するのであった。

 第2章が始まり、主要キャストに変化があったことが大きな話題に。高3となったみゆき役の上白石には「成長したみゆきがホントに成長後みたいで違和感ない」「コメディ演技がすごくいい!表情もコロコロ変わって楽しい」と意見が挙がった。

 一方で、幼少期を演じた横溝菜帆(10)の“卒業”に対して「ちびみゆきちゃんロスです」「回想シーンたくさんください」「あんな可愛い娘が欲しい」「毎週会いたいよー!」と再登場を懇願する声が広がった。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)