松井珠理奈 SKE単独ナゴド公演実現へ気合「もっと大きな場所で」

2018年03月31日 15時19分

熱唱する松井珠理奈(手前)らSKE48

 名古屋・栄を拠点にする人気アイドルグループ「SKE48」が31日、さいたまスーパーアリーナで単独コンサートを開催。メンバー総勢66人(2人休演)が出演し、最新シングル「無意識の色」など全41曲を披露した。

「サカエファン入学式」と題して行われ、新入生(新規ファン)を含め、在校生、転校生、再入学生ら、様々な層が楽しめる盛りだくさんの内容となった。

 代表して最初にあいさつしたチームEキャプテン・斉藤真木子(23)は「皆さん、今日はサカエファン入学式にお集まりいただきましてありがとうございます。本校は創立10周年を迎えました。皆さんとこれからの未来をたくさん作っていきたいと思います」とファンの前で誓った。

 本紙競馬面で「SKE48の暴れ馬 松村香織の炎上予想」を連載中の松村香織(28)は、地元・埼玉県での開催に大興奮。「和光市出身で『和光市応援団長』もやらせていただいてます」と最初は威勢がよかったが「市役所の応援団長さんをご招待したら、誰も来てない!」と悲しいオチで笑いを誘った。

 それでもめげることなく、4月6日に和光市駅前広場で一日警察署長(朝霞警察署)を務めることをファンにアピール。「ぜひ皆さん、来てくださいね」と地元愛を見せた。

 記念すべき10周年イヤーということで、アンコール前には会場を埋めた1万5000人を前に松井珠理奈(21)が「名古屋でも、もっともっと大きな場所で皆さんとお会いできるように頑張ります」と宣言。2014年の開催から遠ざかっており、グループの悲願とするナゴヤドームでの単独コンサート実現へ気合を入れた。

 アンコール後、地元・さいたま市出身の惣田紗莉渚(25)は「私はSKE48に入って丸4年。本当にファンの皆さんの温かさが変わらない。きっと10年ずっとそうだったんだなと思う。11年、12年と皆さんの温かさが続くように、グループの力になれるように私も頑張ります」と話すと、会場から歓声が上がった。

 また、最年長の松村が「10年後とか私がいなくなっても、これ以上に大きな会場で(コンサートを)できるようなグループでいてほしい」と願うと、須田亜香里(26)は「それまでいてくださいね?」とお願い。“アラフォー”メンバーとなるだけに、松村の「はい…頑張ります」という声は、やや小さかった。

関連タグ: