指原がHKTを“総芸人化”

2013年01月20日 11時00分

 AKB48の姉妹グループ・SKE48のメンバー9人が一気に卒業発表した15日、HKT48がデビューシングル(タイトル未定)を、3月20日にリリースすることが決定。カップリング曲「お願いヴァレンティヌ」が、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCMソングに起用されることも併せて発表された。

「いよいよこの日が決まりました。全国の皆さんに、ぜひHKT48の魅力を知っていただきたいと思っています。頑張りますので応援よろしくお願いします」とコメントを寄せた最年長・指原莉乃(20)は、後輩メンバーを全国区にするため“総芸人化”させる覚悟だという。

「指原は多忙ながらしっかりHKTの公演に出ているし、そんな姿を今はファンも認めている。それに公演でもやっぱりメンバーのいじり方がうまい。アイドルなので芸人になる必要はないけど、今はアイドルもバラエティーで笑いをとってナンボの時代ですからね。HKTメンバーは、指原に刺激を受けながらバラエティーへの対応力をどんどん上げてますよ」(ある出版関係者)

 HKTの中西智代梨(17)と村重杏奈(14)は実際、ピン芸人日本一を決める「R―1ぐらんぷり2013」に挑戦。村重は2回戦で敗退したが、中西は見事3回戦進出を決めた。

 ある芸能プロスタッフによると「指原はもともとアイドルオタクなこともあって、メンバーのよさを引き出すのがうまい。本人も『自分はどうだっていい。今はHKTにいる子たちをみんなに知ってもらえればいい』と、伝えられることはすべて伝える覚悟です」。

 待望のメジャーデビュー日が決まり、芸人?さしこに導かれたHKTメンバーが全国区になる日も近い。

関連タグ: