AKB「第3回ドラフト会議」来年1月開催 今回はファンが指名

2017年09月24日 21時11分

ファンに呼びかけた横山由依AKB総監督(右)

「第3回AKB48グループドラフト会議」が来年1月に開催されることが24日、愛知・日本ガイシホールで行われた「第8回AKB48グループじゃんけん大会」で発表された。

 これまでのドラフト会議では48グループのメンバーが新メンバーを指名していたが、今回はメンバーが選ぶのではなく、各グループのファンがドラフトで指名するのだという。詳細は後日発表される。

 横山由依AKBグループ総監督(24)は「いつもならメンバーが選んでいるのですが、今回はファンの皆さまに選んでいただくということでよろしくお願いします。今日も皆さまの応援があって、ここまで戦ってこれたので、これからも皆さまと一緒に歩んでいけたらと思います」とファンに呼びかけた。

 AKBグループでは2013年11月と15年5月にドラフト会議を開催。ドラフト1期生には今年のAKB選抜総選挙で結婚宣言をしたNMB48・須藤凜々花(20=卒業)や8位にランクインしたSKE48・惣田紗莉渚(24)、ドラフト2期生には5位となったNGT48・萩野由佳(18)らがいる。果たしてどんな金の卵がファンによって選ばれるのか注目だ。

関連タグ: