“番頭”有吉も容認 指原「竜兵会」入り熱望

2013年01月15日 16時00分

前列左から峯岸、指原、横山ら

 さしこ竜平会入りを熱望――。今年新成人となった国民的アイドルグループ「AKB48」の峯岸みなみ(20)や横山由依(20)「HKT48」の指原莉乃(20)らが14日、東京・千代田区の神田明神で成人式に臨み、新成人としての第一歩を踏んだ。そんな中、昨年AKBからHKTに電撃移籍した指原が事務所の先輩・ダチョウ倶楽部の上島竜平(51)率いる竜兵会入りを希望していることが判明。さらに20歳になった早々、泥酔して大物芸人にあらぬことをしでかしたことを激白した。

 

 

 成人式を迎えたのは「AKB48」をはじめ姉妹グループの「SKE48」「NMB48」「HKT48」から計17人。この日、メンバーは午前3時半から着付けの準備をスタートし、まだ夜も明けきれぬ7時過ぎに会場に到着。早朝に加え、冷たい雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、駆けつけた約300人のファンもメンバーのあでやかな晴れ舞台を見守った。

 

 成人式で"センター”を務めたのは指原。昨年はAKBからHKTにファンもびっくりの電撃移籍したが、その後の活動は順調。現在は東京、福岡で多くのレギュラーを持つ人気者となった。そのためこの日はAKBメンバーと並んでセンターポジションをゲットし、記念撮影に収まった。

 

 新年の抱負では他のメンバーが「調剤薬局事務という資格を取るため勉強しています」(横山)「単独で紅白に出れるように頑張ります」(NMB48=山田菜々)などの真面目な目標を述べる中、指原は「上島さんと一度は飲ませていただきたいと思います!」と事務所(太田プロ)の大先輩が主催する“竜兵会”への参加を熱望。バラエティー慣れしているとはいえさすがのコメントに詰め掛けた100人近い報道陣の笑いを誘った。

 

 さらに、20歳になってたしなんだ酒で早くもイエローカードが出されたことが判明した。

 

関連タグ: