SKE48が名古屋&東京で昼夜2公演開催 新曲センター小畑さらなる飛躍誓う

2017年07月19日 20時42分

新曲発売記念ライブを行ったSKE48 (C)AKS

 SKE48が19日、名古屋と東京で新曲発売記念イベント「意外にマンゴー公演」を行った。

 総勢69人のメンバーが名古屋会場(Zepp Nagoya)と東京会場(Zepp Tokyo)に分かれて、昼夜2公演を開催。名古屋会場の昼の部では、この日発売された21枚目のシングル「意外にマンゴー」でセンターを務める小畑優奈(15)や、松井珠理奈(20)ら34人が15曲を熱唱し、詰め掛けた1800人のファンを興奮の渦に巻き込んだ。

 シングルリリース日にメンバー全員でライブを行うのはグループ初の試み。「ファンの皆さんの盛り上がりを見て改めて“SKE最高だな”と思いました」(松井)、「このライブの熱さはSKEらしいもの。これからも皆さんと盛り上がれる機会をつくれるように頑張っていきたいです」(小畑)と、名古屋のエースと新センターはグループのさらなる飛躍を誓った。

 名古屋と東京で昼夜合わせて9000人を集めたこの日の公演の密着ドキュメント番組が、26日深夜2時7分からTBS系で放送されることも決定した。

 新曲発売を機に勢いを加速させているSKEには、ここにきてさらなる追い風が吹いている。17日にスタートした新番組「SKE48のFUN!FUN!ドライブ」(東海テレビ・毎週月曜21時54分、17日は22時24分から放送)が12・2%の高視聴率を記録したのだ。

 これはSKEのメンバーが愛知県の魅力的なドライブスポットを訪れるという約5分間のミニ番組。第1回の放送では松井、須田亜香里(25)、後藤理沙子(20)の3人が南知多町のヒマワリ畑を訪れたが、SKEの新番組がゴールデンタイムでいきなり高視聴率を記録したのには理由がある。この番組の放送時間が月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」の直後となっているからだ。

 山下智久(32)、新垣結衣(29)らが出演する人気ドラマの新シリーズは、17日の放送で平均視聴率22・0%(名古屋地区)を記録。「コード・ブルーの後に放送されたことも大きいと思います」(東海テレビ)と“ガッキー効果”に便乗してSKEの番組も高視聴率発進となった。

「まずは地元の人に知ってもらいたい」というのがSKEメンバーの目標だけにまさに理想的な展開。「コード・ブルー」人気が高まれば高まるほど、SKEの知名度アップにもつながりそうだ。

(数字は名古屋地区、ビデオリサーチ調べ)

関連タグ: