SKE48が10か月ぶり全国ツアー再開 珠理奈もサプライズ登場

2017年02月18日 18時34分

約10か月ぶりにツアーを再開させたSKE48(C)AKS

 名古屋・栄を拠点にする人気アイドルグループ「SKE48」が18日、千葉県文化会館で、昨年4月3日の秋田公演以来、約10か月半ぶりに「SKE48 47都道府県全国ツアー~機は熟した。全国へ行こう!~」を再開させた。

 

 同ツアーは2014年11月の愛知県から始まり、今回で23か所目。千葉公演は、地元・千葉県出身の山内鈴蘭(22)をはじめ竹内彩姫(17)、惣田紗莉渚(24)、江籠裕奈(16)、北川綾巴(18)ら18人が出演した。

 

 チームEキャプテンの斉藤真木子(22)が「やっとツアーが再開できたことがうれしくて、うれしくて、うれしいです。ファンの方に会えてうれしいという気持ちを前面に出して盛り上げていきたい」と笑顔を見せれば、北川は「ツアー再開ということで昨日の夜、興奮して鼻血を出してしまった。今日も鼻血を出すつもりで頑張りたい」と“珍決意”で会場を笑わせた。

 

 ご当地トークでは、鎌田菜月(20)が「千葉県といえば、幕張メッセ(千葉市美浜区)ですかね。私たちは握手会などでお世話になってます」と話すと、北川は「幕張メッセは東京じゃないの? (名古屋から)新幹線で来て降りる駅は東京駅だよ」とポカン。他のメンバーから「東京駅から1時間くらいバス乗るでしょ」と突っ込まれた。

 

 アンコール後、新アルバム「革命の丘」(22日発売)のリード曲「夏よ、急げ!」の選抜メンバー、松井珠理奈(19)、須田亜香里(25)、松村香織(27)ら7人がサプライズ登場。松井は「今日はツアー再開初日ということで私たちも遊びに来ちゃいました。いてもたってもいられなくて」と話し、同曲を熱唱した。

 

 また、4月7日に香川公演(サンポートホール高松)、翌8日に高知公演(高知県立県民文化ホール)を行うことが発表された。

関連タグ: