SKE48新公演スタート 珠理奈「SKEといえばダンス」

2016年06月14日 23時33分

SKE48チームSが新公演スタート(C)AKS

 SKE48チームSが14日、名古屋市中区のSKE48劇場で新たな演目「重ねた足跡」公演をスタートさせた。

 

「オキドキ」「パレオはエメラルド」といった代表的なシングル曲や7分を超えるダンスメドレーなど、セットリストはSKEらしさがあふれる構成。「SKEの原点に戻り、SKEといえばダンス。それを皆さんに見てもらいたい」という松井珠理奈(19)らの全力パフォーマンスに、劇場を埋めた満員のファンも大興奮だった。

 

 公演の最後には20枚目のシングル「金の愛、銀の愛」が8月17日に発売されることが発表された。この楽曲は珠理奈が主演するTBS系ドラマ「死幣|DEATH CASH|」(7月13日スタート)の主題歌となる。

 

 湯浅洋支配人によると「新曲の選抜メンバーはまだ決まっていないです。決めるのは(18日の)総選挙が終わった後ですね」とのこと。総選挙の結果次第では意外なメンバーが初選抜入りする可能性もありそうだ。

関連タグ: