SKE松井玲奈が“同期”矢神の卒業に寂しさ

2012年11月02日 10時14分

 SKE48のメンバーで今年の総選挙28位の矢神久美(18)が1日、卒業を発表した。これを受け同グループの松井玲奈(21)が自身のブログでコメントを発表。矢神が芸能界から離れる可能性も示唆した。

 

 松井玲と矢神はともにSKEの立ち上げメンバー。2人はこれまで出されたSKEの全シングルの選抜メンバーに選ばれるなどグループの中心として活躍しており、苦楽を共にした仲だ。それだけに松井玲は矢神の卒業発表について「卒業時期は決まってはいないみたいですが正直…なんと言えば良いのかわかりません」とまだ心の整理ができていない模様だ。

 

 矢神自身は卒業について1日、Google+で「これからの自分の進む道を考えているうちに、一から出直したいという思いが強く、一旦48グループを卒業するということを1年程前から考えており、勇気のいる決断ですが、今日発表にいたりました」と語っており、卒業後の進路については言及していない。

 

 正式な卒業の報告は11月3日に行われる予定だが、松井玲はブログで矢神のダンスの腕前をつづった後「その久美がいなくなってしまうのは、芸能界を離れてしまうのは残念です」と卒業後に芸能界から離れる可能性も示唆している。

 

 先月にはチームSのリーダーを務めた平田璃香子(23)が卒業している。松井玲は仲間の卒業に寂しさを感じながらも「何よりも一番長く一緒にいるメンバーが傍にいなくなる、別の道をこうやって選んで行く時期になっているのかなと感じてしまいます」とコメントした。

 

 SKEが結成してから4年。今年リリースされたシングルはいずれも売り上げ50万枚を超え、紅白内定と報じられるほどに成長したグループは変化の季節を迎えている。

 

脱退続発に秋元康氏「防止策」発動

SKE佐藤聖羅がじゃんけん大会で極小ビキニ

SKE大躍進と松井玲奈の祈り

 

 

関連タグ: