SKE48松村“かおたん推し”70人にケツバット乱れ打ち

2016年03月05日 21時19分

ファンに“愛のケツバット”をプレゼントした松村香織
ファンに“愛のケツバット”をプレゼントした松村香織

 東京スポーツ本紙で競馬予想コラム「炎上予想」を好評連載中の「SKE48」松村香織(26)が5日、名古屋市の三洋堂書店新開橋店でファースト写真集「無修正」の発売イベントを開催。1部、2部合わせて約500人のファンが詰めかけ、異様な盛り上がりを見せた。

 松村の写真集イベントといえば、ファンへのケツバット企画がおなじみとなっているが、この日はさらにパワーアップ。事前アンケートでSKEメンバーの推しメンを調査し、「1推し・かおたん」と書いたファン全員に「推し変しないでね」と“愛のケツバット”をプレゼントした。

「オイ! オイ! オイ!」。ファンの掛け声とともに松村は、会場の壁側に沿ってずらりと並んだ約70人の“かおたん推し”にケツバットの乱れ打ち。本紙野球評論家の宇野勝氏から直伝された高速スイングは、以前より明らかに鋭さを増していた。歓声とうめき声が交じり合う会場は、とてもアイドルのイベントとは思えない異空間と化した。

 もちろんイベントの締めもケツバットだ。松村はAKB選抜総選挙13位でありながら、3月30日発売のSKEの新曲「チキンLINE」の選抜メンバーから外されてしまった。それだけに「皆様のご健康、そしてまた(SKEの)選抜に入れることを願って。総選挙に出たら(選抜に)入れますように」というあいさつの後、バットのプレゼントが当選したファンのお尻にフルスイングを叩き込んで一本締めとした。

「今回のイベントは初めて来てくれた方が多くて、それがすごくうれしかったです。(SKEの選抜落ちは)悔しいけれど、まだまだ自分の力が足りないと思いました。諦めずに頑張りたいです。もし選挙があったら、(出馬するか)悩んでいるんですけど、出るなら16位以内に入りたいです」。“ケツバット旋風”を巻き起こしているアイドル界の異端児がSKE、AKBのダブル選抜復帰に意欲を燃やしている。

関連タグ:

ピックアップ