SKE48松村香織 フルスイングでファンに“ケツバット”

2015年11月22日 21時08分

松村のケツバットに会場は異様な盛り上がりを見せた
松村のケツバットに会場は異様な盛り上がりを見せた

 東京スポーツ本紙で競馬予想コラム「炎上予想」を好評連載中のSKE48・松村香織(25)が22日、愛知・名古屋市の三洋堂書店新開橋店でファースト写真集「無修正」の発売イベントを行った。

 

 1部と2部合わせて約500人のファンが詰め掛け、会場は熱気ムンムン。イベント参加者には抽選で松村本人から直筆メッセージカードやサイン入りグッズなどが手渡されたが、中でも大きな反響を呼んだプレゼントが「フルスイング尻バット」だ。

 

 写真集の中で、松村がバットを振っているカットが好評だったことから、抽選で当たったファンに松村本人が“ケツバット”を食らわすという何ともユニークな企画。もちろんバットはプラスチック製で、「弱・中・強」と衝撃度を指定できるのだが、高校時代、ソフトボール部に所属していたという松村だけにスイングスピードはかなりのもの。

 

「あああーー!」「ううぅ…」。松村のケツバットを食らったファンのうめき声が響き渡るたびに、見守っていたファンの間からは大きな拍手が湧き起こり、会場は異様な盛り上がりを見せた。

 

「思った以上に多くの方が来てくれてありがたかったです。特にケツバットは喜んでくれた方がたくさんいました。グッズが当たった人の中にも“ケツバットの方がよかった”と言ってくださった人がいました」と松村も予想外の“ケツバットフィーバー”に手応えを感じた様子。

 

「48グループで行っている握手会がマンネリ化したら“ケツバット会がいいです”と提案します」というだけに、ひょっとしたらケツバットイベントの第2弾、第3弾もあるかも…。

関連タグ:
 

ピックアップ