松井玲奈 恋愛解禁も彼氏なし「プライベートはライブや読書」

2015年11月16日 05時00分

 SKE48を8月に卒業した松井玲奈(24)が、2016年冬に放送予定のドラマ「名古屋行き最終列車」(メ~テレ)に主演する。名古屋へ向かう最終列車の中で繰り広げられるコメディータッチの物語で、12年12月に第1弾が放送されてから、今回が第4弾の放送となる。

 ドラマの舞台となる名鉄(名古屋鉄道)の全面協力で現在撮影中。終電後に撮影用の臨時列車を走らせて撮影しており、松井は「臨時列車の本数や時間が決まっているので、その決められた時間の中で撮りきらなきゃいけないというスリルに似たものがあります。楽しくもあり、とても緊張しながらやっています」と気合十分だ。

 今回がシリーズ第4弾とあって「毎年1回、名古屋行き最終列車のスタッフさんに会えることがすごくうれしい。親戚のおじさん、おばさんに会っているようなアットホームな現場です」と現場のチームワークにも手応えを感じているようだ。

 SKEを卒業したことで恋愛も解禁となったが「何もないです。すてきな人? いないです」とキッパリ。「(SKEの時と比べて)自分の時間が取れるようになったので、いろいろな作品やアーティストの方のライブに行って、いろいろなものを吸収して自分に生かせるようにしたい。(プライベートは)ライブに行ったり本を読んだりすることができているので、充実しています」

 アイドル時代から応援していたファンも、まだまだ安心していてよさそう?

関連タグ: