元SKE古川愛李 念願の「絵本」発売にアシカも祝福?

2015年07月18日 11時49分

絵本の発売記念イベントを行った古川愛李

 元SKE48の古川愛李(25)が18日、東京・豊島区のサンシャイン水族館で、初めて自主制作した絵本「ちびあいりんと海の世界」「ちびあいりんのすうじのえほん」の発売記念イベントを行った。

 古川は絵本作家を目指して、今年3月にSKEを卒業。初めての絵本はサンシャイン水族館を舞台にして制作したものだ。

「小さい子にも絵本を読んでもらいたい。絵本にはその気持ちが詰まっています」と発売の喜びを語った古川。それまでは姿を見せずにいた水族館のアシカも、古川が登場すると絵本発売を祝うかのように、優雅な泳ぎでファンの前に姿を現した。

 苦労した点を聞かれると「イワシの大群を描いたことですかね。“イワシトルネード”(イワシが渦状になって泳ぐ様子)がすごくて、これを描きたかった」と話した。

 今後については「連載も決まっていて、また違うキャラクターも描いてみたい。もっとたくさんの人に見てもらいたい」。集まった350人のファンを前に「この中にもキャラクターにしやすそうな人がいますね〜」と、達者なトーク術でファンいじりも忘れなかった。

関連タグ: