【AKB総選挙】2位・ゆきりん「絶対NGTを成功させる!」

2015年06月06日 22時04分

「AKB48 41stシングル選抜総選挙 ~順位予想不可能、大荒れの一夜~」が6日、福岡・ヤフオクドームで開催された。

 毎回上位につけているものの、センターをどん欲には狙わないマイペースな柏木由紀(23)が、今回だけは「総選挙のトップを目指す」と宣言していた。

“眠れる獅子”がどこまでやれるか注目されていたが、悲願の1位は逃して2位になった。

 昨年3位のゆきりんに立ちはだかるのは、言わずもがな渡辺と指原のツートップ。昨年1位のまゆゆが3位に陥落したことで、指原と首位争いだ。

 2位に柏木の名が呼ばれると、泣き崩れたのは指原だった。模範的なアイドルのゆきりんは弾ける笑顔でステージのマイクに駆け寄った。「今までで一番!」と2位をファンとともに喜んだ。

「残念ながら届かなかったけど、2位を頂いて。波風たてたくないと思ってたけど、これからはいろんなことから逃げません」

 今後はNGT48との兼任も始まる。「絶対にNGT48を成功させる」と言い切った。