SKE48熊崎晴香 今こそ見せます6期生パワー

2015年05月30日 17時00分

リベンジに燃えている熊崎晴香

【躍進目指せ!6・6AKB48選抜総選挙 SKE48名古屋発ニューヒロイン(7)熊崎晴香】

“6期旋風”を巻き起こすぞ!。昨年、速報でランクインしながら圏外となってしまった熊崎晴香(17)がリベンジに燃えている。今年の速報順位は53位。卒業メンバーが続出したSKE48が勢いを取り戻すためには若手メンバーの台頭が不可欠。「私たち6期生が頑張って、SKEを盛り上げていきます」。気合十分で総選挙に挑む熊ちゃんの雄たけびを聞け——。

 ——昨年4月のコンサートでステージから落下し、右手首を骨折。長期休養を余儀なくされた。

 熊崎:波瀾万丈でした。ちょっと熱くなりすぎて見えなくなってステージから落ちたんですけど、痛いというより感覚がなかった…。3か月くらい休むことになって焦りがありましたね。

 ——休んでいる間に総選挙があった

 熊崎:すごい不安だったんですよ。活動を休んでいたのでファンの皆さんに忘れられてしまったんじゃないかな、離れていっちゃったんじゃないかなと思って。でも速報で75位をいただいて、それがすごくうれしくて。本番では圏外になってしまったんですけど、その時はすごく救われました。ファンの皆さんの愛情に…。私にとってファンの方はかけがえのない存在だと改めて思いました。

 ——総選挙後のシングル「不器用太陽」で初の選抜入り

 熊崎:(選抜入りを)聞いたのが総選挙が終わった直後だったんです。ホテルに戻った後に電話があって…。自分の耳を疑いました。最初は私なんかが入っていいのかと考えたんですけど、選んでもらったからにはそこで跡を残したいと強く思いました。

 ——選抜の景色は

 熊崎:本当にすごいです。音楽番組も出たことがなかったのでカメラの目線とか工夫している先輩を見て勉強になりました。ミュージックステーション(テレビ朝日系)に出演した時はステージに立って不思議な感じでした。小さいころから見ていた番組なので、タモリさんが目の前にいることが信じられなかったです。選抜に入りたいと思っていたけど、実際に選んでもらうと本当にすごい世界だなと思いました。

 ——しかしその後は2曲連続で選抜落ちした

 熊崎:すごく悔しいですね。本当に。ファンの方にも申し訳ないです。

 ——選抜落ちした「12月のカンガルー」では同期の北川綾巴がセンター

 熊崎:刺激にもなったんですけど「12月のカンガルー」も「コケティッシュ渋滞中」も選抜に6期生が(北川と東李苑の)2人しかいないんですよ。たくさん選ばれている期もあるので、もっと6期生も選ばれるように頑張りたいとすごく思います。次は自分も入れるように。

 ——他の6期生ともそういう話はした

 熊崎:選抜発表の後も「すごく悔しいね」「全然入ってないからダメだよ、今のままでは」という話を日高優月ちゃんや野口由芽ちゃんとしました。

 ——昨年の総選挙で6期生のランクインはゼロ

 熊崎:今年は本当にランクイン目指してます。今年に懸けているというぐらい本気です。去年の速報の75位は絶対に超えていきたいなと思っています。それ以上いきたいと思っています。

 ——SKEの躍進は6期生にかかっている

 熊崎:1期生、2期生の先輩が卒業してファンの人も離れていっちゃうかもしれない。そこを止めるのが私たちだと思うんですよ。私たちがこれまでのSKEらしさに、今のSKEらしさを足して本当に熱いグループにしていかないと。私たちが今、頑張らないと本当にダメだなという思いはあります。今年は6期生、目立ちたいですね。6期生の年にしたいです。いや、絶対にしますよ!
YouTube Preview Image
☆熊崎晴香(くまざき・はるか)1997年8月10日生まれ、愛知県出身。ニックネームはくまちゃん。チームE所属。2012年11月にSKE48第6期生オーディションに合格。15枚目のシングル「不器用太陽」で初選抜入り。昨年の総選挙では速報で75位だったものの最終結果は圏外だった。

関連タグ: