こじはる総選挙出馬せず 決断の理由は?

2015年03月30日 11時00分

昨年の総選挙で笑顔を見せる小嶋陽菜

「第7回AKB48選抜総選挙」(6月6日開票、福岡・ヤフオクドーム)の立候補受け付けが29日の午後10時で終了し、272人が立候補。注目のAKB48の小嶋陽菜(26)は立候補しなかった。


 小嶋はAKBの1期生メンバーで過去6回の総選挙の順位は6位、7位、6位、7位、9位、8位。“神7”と呼ばれ、中心メンバーとして活動してきた。昨年の総選挙では「ここで卒業発表をしようと思いましたが…しませーん!」と“卒業未遂”したことでも話題を呼んだ。


 受け付け終了後、小嶋は自身のツイッターで「あ、総選挙締め切り忘れてた」とトボけた。その約10分後に「実はこの数日間、総選挙のこと真面目に考えました。その結果です。今後もAKBのために私に出来る事は力になりたいし、私らしくやっていこうと思ってます!」と理由を明かした。


 AKB関係者は「決断した大きな理由は“後輩に道を譲る”という考えでしょうね。小嶋は“ゆるく”活動をしたいようで、30歳ぐらいまでグループに在籍してもおかしくなかった。ただ『AKBの将来を考えたら、1期生の私は出ない方がいい』と言っていた。後輩の芽を摘まないようにと考え、出馬しなかったと思いますよ」と語る。


 総選挙を辞退したことで、当然ながらファンからは「ついに卒業発表か?」という声も聞こえる。「これまでも立候補しなかったメンバーの多くが卒業した。夏に卒業コンサートを行う可能性もありますが、少なくとも年内には卒業することになるでしょう。また小嶋はフジテレビで放送される今年の総選挙特番に解説者として出演するのは確実。かなりテキトーな解説になるとは思いますが(苦笑)」(同)


 なお小嶋のほかSKE48の松井玲奈(23)、26日に卒業を発表したAKB48の川栄李奈(20)、川栄とともに襲撃事件で負傷した入山杏奈(19)らも立候補しなかった。

関連タグ: