柏木由紀が“全員柏木”からの“ゾンビ化” ド迫力のラスボス感「すごく楽しくできました」 

2021年11月10日 19時00分

「柏木由紀なりのGO TO THE BEDS -TRUE SONG-」MVのワンシーン
「柏木由紀なりのGO TO THE BEDS -TRUE SONG-」MVのワンシーン

 AKB48の柏木由紀(30)が10日、自身のユーチューブの公式アーティストチャンネルを更新。「GO TO THE BEDS」とのコラボシングル「柏木由紀なりのGO TO THE BEDS―TRUE SONG―」(30日発売)のミュージックビデオ(MV)を公開した。

 柏木は音楽事務所・WACK代表の渡辺淳之介氏プロデュースで、ソロプロジェクトを進行中。BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASPのWACK所属7グループとのコラボシングルを11月30日に7作同時リリースする予定だ。

 BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群とのMVに続き、今回は5作目の解禁。柏木の“どアップ”からスタート。階段を駆け上がるシーンでは、GTTBメンバーが柏木のお面を付けているため、全員が“柏木状態”。1コーラスは柏木以外のメンバーの顔が見えないで終了する。

 2コーラス目に入るとウイルスに感染でもしたか、全員がゾンビに…。今にも襲いかかる、這いつくばる、のたうち回る、とにかくメンバーそれぞれのゾンビ度が異常に高く、どこからどう見てもリアルゾンビにしか見えない。ゾンビメンバーに囲まれる柏木のラスボス感はハンパない。

 終盤では、凛々しい素顔をあらわすGTTBメンバー。ダンスシーンは見事に様になっている。

 柏木は「GTTBのメンバーとは初めて会ったときから、意気投合して(笑い)。撮影の合間にお互いのグループの話をしたりして、AKB48の話を聞いてくれたり、楽曲とMVは怖い雰囲気があるんですけど、現場はすごく楽しくできました。初のゾンビメイクがけっこう気に入ったので、写真を撮りまくりました。そして、全員が私の顔になってるのは、ちょっとファンの方に申し訳ないなと思います。でもGTTBのメンバーはすごいノリノリでやってくれていて『お面持って帰りたい』と言ってくれたのがうれしかったです(笑い)」とコメントした。

関連タグ:

ピックアップ