NGT48荻野由佳が卒業コンサート “盟友” 西潟茉莉奈が「やめないで~!」

2021年10月30日 19時50分

単独コンサートを開催したNGT48の荻野由佳(前列中央)。荻野の左が西潟-(©Flora)
単独コンサートを開催したNGT48の荻野由佳(前列中央)。荻野の左が西潟-(©Flora)

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48の荻野由佳(22)が30日、新潟・朱鷺メッセで自身の単独コンサートを開催。グループ全メンバー28人が参加した。

 中盤では、荻野は〝盟友〟西潟茉莉奈と「思い出のほとんど」を涙ながらに歌唱した。

 荻野はAKBのオーディションに5度落選したが、夢を諦めず2015年の「第2回AKB48グループドラフト会議」に参加。西潟も参加しており、同年に新潟を拠点に立ち上がった姉妹グループ・NGT48にともに指名され、1期生メンバーとして加入した。

 歌唱後、西潟は「ちょっと、やめないで~!」と寂しさから懇願。さらに「やめないで…」と続けると、荻野は「『思い出のほとんど』は泣かないつもりだったんでけど」と涙をぬぐった。

 加入後、荻野は17年の第9回選抜総選挙で、前年圏外(95位)から速報順位で1位となり、話題に。最終も5位で「神7」入りし、翌18年の第10回総選挙でも速報1位、最終4位に入るなどAKBグループ全体の中心メンバーとしても活躍した。
 
 荻野と西潟の2人はNGT加入前に「バイトAKB」としても活動した過去もあり、まさに苦楽をともにした間柄だ。

 この日は、当時の思い出の曲である「ガラスのI LOVE YOU」も一緒にユニットとしてパフォーマンス。荻野は「私たちがバイトAKBで初めてやらせてもらったユニット(曲)が『ガラスのI LOVE YOU』だったんです」と話すと、西潟も「エモいねぇ~」と感慨深げ。荻野は「特に思い入れのある楽曲だったので、一緒にやってもらいました」と明かした。

関連タグ:

ピックアップ