STU48活動辞退の門脇実優菜「歌唱力No.1決定戦」不参加 ネットで惜しむ声

2021年10月13日 13時45分

門脇実優菜(東スポWeb)
門脇実優菜(東スポWeb)

 STU48としての活動を辞退することを発表した門脇実優菜(18)、今泉美利愛(20)が、「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」を不参加となったことが13日、同イベントの公式ツイッターで発表された。

 ツイッターで「STU48門脇実優菜さん、今泉美利愛さんの活動辞退に伴いまして、『第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』にも不参加となりました」と報告された。

 国内のAKB48グループに所属するメンバーが歌の上手さを競う同イベントは、11月15、16日に予選大会を行い、来年1月12日に決勝大会を開催する予定。2人の活動辞退により、参加メンバーは合計97人となった。

 門脇、今泉の活動辞退は前日12日に中廣弥生(19)、南有梨菜(18)とともにグループの公式サイトで発表。いずれも最終活動日などは追って発表するとしている。

 門脇は公式サイトに寄せたコメントで、「STU48の一員としてアイドル活動が出来たことは本当に夢の様な日々でした」としつつも「この夢の様な日々を手放すことになったのは私の未熟さと不注意でこれ以上、ファンの皆様やメンバーにご迷惑を掛けてはならないと判断致しました。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

 今泉も「ファンの皆様には短い時間でしたが、一緒に楽しんでいただけて本当にうれしかったです。この思い出を励みに、次の世界でも頑張っていきたいと思います」とコメントしていた。

 門脇は1期生として加入し、これまでシングル7曲すべて選抜入り。グループを代表する高い歌唱力&ダンススキルで中心メンバーとして活躍してきただけに、ネット上ではファンから「残念すぎる」など惜しむ声が多く寄せられた。

関連タグ:

ピックアップ