元AKB前田敦子 2年5か月ぶり“センター復帰”も歌詞間違える

2015年01月21日 19時45分

“センター復帰”を果たした前田敦子(左から3人目=(C)AKS)

 女優の前田敦子(23)が21日、東京ドームシティホールで開催中の「AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015」の初日公演にサプライズ登場。2012年8月27日の卒業後、2年5か月ぶりに“センター復帰”を果たした。

 同コンサートは、姉妹グループを含めたAKB48グループの全1035曲の中から、人気投票でカウントダウン方式で発表する内容。25日まで5日間の日程で行われ、この日の初日公演は200位~171位の楽曲が発表された。

 200位にランクインしたのは“不動のセンター”と呼ばれた前田の卒業ソング「夢の河」。イントロが流れると、同期の高橋みなみ(23)、小嶋陽菜(26)、峯岸みなみ(22)ら現役メンバーの真ん中から前田がセンターとして登場した。

「あっちゃ~ん!」と、大歓声を受けた前田は白のパンツスタイルというAKB時代とは違った大人の雰囲気を漂わせながら、しっとり熱唱した。

 1か所歌詞を間違えてしまい、苦笑いを浮かべる場面も。歌詞を思い出すかのような表情を浮かべるシーンもあり、ブランクを感じさせたが、高橋、峯岸らも笑顔で近づきフォローするなど変わらぬ結束を見せる。

 昨年4月、前田は「さいたまスーパーアリーナ」で行われたAKB48リクエストアワーに板野友美(23)とともにサプライズ登場。メンバーとの歌唱が期待されたが、その時はファンの前であいさつのみだった。

 2年5か月ぶりに現役メンバーとのステージ歌唱に前田は「歌詞間違えちゃったけど、楽しかったです」と振り返った。

 その後のMCで、高橋は「(前田)本人出てきて一瞬『本人や~ん』って思った。ファンの方も今年も映し出される(卒業コンサート時の)映像か?と思ったら『え~敦子出てるやん!』って、会場の声援がだんだん伝染していくのが見てて面白かったですね」とコメント。

 ただ、高橋は「(イベント)1曲目でぶち上がり過ぎて、ピークが来ちゃったと思った」と苦笑いした。