ゆきりんが「黒由紀姫」に変身して鹿児島の魅力発信

2015年01月21日 00時00分

 AKB48・柏木由紀(23)が“黒由紀姫”に変身して、故郷の鹿児島県をPRする。

 鹿児島県は新PRキャンペーン「鹿児島は黒」に、薩摩大使を務める柏木を起用。キャンペーン第1弾として、ウェブページ(http://www.kagoshima-kankou.com/kuroyukihime/)を開設し、スペシャルムービー「黒由紀姫(プリンセストーク ぶとうかい編)」を21日から公開する。

 鹿児島県は黒豚、ブランド牛・黒牛、黒酢、黒砂糖、クロマグロなど「黒」を冠にした食材が数多くあり、「黒王国」を自負する。

 2011年から鹿児島県のキャッチコピー「本物。鹿児島県」のイメージアップキャラクターを務める柏木は、12年に薩摩大使に就任。今回、制作されたスペシャルムービーでは白雪姫ではなく、鹿児島県をこよなく愛する「黒由紀姫」に扮し、鹿児島県の魅力を発信している。

 柏木は「髪形や衣装など細かいところにもこだわり撮影しました。鹿児島のお菓子などを食べながら楽しく撮影できました」とコメントした。