元SKE今出舞 見事な刀さばき披露「忍者になります」

2015年01月24日 09時00分

着物姿でくせ者と剣を交える今出舞(左)

 元SKE48のメンバーで、タレントの今出舞(21)が、3月11日から公演予定の舞台「忍ブ阿呆ニ 死ヌ阿呆」(作・演出=久保田唱)のPRのため、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 昼下がりの編集局内に突如、刃物を持った“くせ者”が現れたが、着物姿の今出は見事な刀さばきで撃退した。とても時代劇初挑戦とは思えない。

「アクションも初めてだし、着物で動くのは難しくて、まだまだ稽古で苦戦してます。でも、本能寺の変の謎に迫るという面白いお芝居だし、本番までにはしっかり忍者になりますからぜひ見にきてください!」

 イマドキの女の子にしては珍しく、ピアスの穴がなく、髪の毛も染めたことがないという。「小さいころから、母が『どんな役でもできるように(ピアスの)穴は開けんときや』って言ってて、開けたくなったときもあったけど、母の教えを守って本当に良かった」

 同公演は3月11~22日に、東京・豊島区の池袋シアターグリーンで開催。チケットは公式ホームページほかローソンチケットでも発売中だ。

関連タグ: