元SKE金子栞 卒業ラッシュの古巣に理解求める

2015年01月11日 18時44分

 元SKE48の金子栞(19)が11日、都内でファーストDVD「happy smile」(イーネットフロンティア)の発売記念イベントを行った。

 金子は昨年4月にグループを卒業し、その後は東京でソロタレントとして活動。初のDVDではSKE時代から評判だったFカップのバストを披露しているが、「キャッチボールは初めてだったけど、うまくいって才能あるかもと思った」とセクシーさではなく、運動神経の良さをアピールした。

 前日(10日)にはSKEの地元・名古屋でイベントも開催し、多くのファンを集めるなどいまだ支持は厚い。AmazonのアイドルDVDランキングでも1位を獲得した。

 SKEは現在卒業ラッシュだ。佐藤実絵子、中西優香(それぞれ先月24日発表)、山田みずほ、阿比留李帆(それぞれ7日発表)、岩永亞美(9日発表)が年内の卒業を決めており、昨年大みそかにも2人卒業している。

 金子の元にもファンからの心配の声が届いているが、「私も1年くらい悩んで決めた。卒業を決めるメンバーも簡単ではないので、メンバーの意思を尊重してほしい」と訴えた。

関連タグ: