SKE48のみでミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」上演

2015年01月10日 19時07分

 SKE48は10日、名古屋市中区のSKE48劇場で、ミュージカルに挑戦することを発表した。

 昨年9月に48グループ内で選出されたメンバーが演じて好評だった「AKB49~恋愛禁止条例~」を今度はSKEのメンバーだけで再演。3月14、15日に中日劇場で上演されることになった。

 この日、行われたチームKIIの「ラムネの飲み方」昼公演でサプライズが待っていた。終演直後、劇場内のモニターに「AKB49」の上演決定の告知と出演キャストが映し出されるとファンからは大歓声が湧き起こった。

 公演を終え、別室で映像を見ていた古畑奈和(18)は自分が主役の浦川みのり役を演じることを知ってビックリ。ライバルの岡部愛役を演じる高柳明音(23)とともに喜びを分かち合った。

 個性派揃いのチームKIIだが、松井珠理奈(17)が所属するチームS、松井玲奈(23)のチームEに比べると、SKEを代表する場に立つ機会は限られてきた。最新シングル「12月のカンガルー」もチームSの宮前杏実(17)と北川綾巴(16)がダブルセンターを務め、フロントに立つ4人の中にKIIメンバーはゼロだ。

 それだけに「KIIにこうやって主演がくるとか、センターとか、目立つ位置にくることはなかなかなかったので、KIIのためにも頑張りたい」と古畑は今回のチャンスでアピールするつもりだ。

 なお、ヒロインの吉永寛子役は宮前と北川がダブルキャストで演じる。その他の出演者は二村春香(18)、東李苑(18)、山内鈴蘭(20)、矢方美紀(22)、大場美奈(22)、神門沙樹(18)、日高優月(16)、加藤るみ(19)、酒井萌衣(17)、熊崎晴香(17)、梅本まどか(22)、佐藤すみれ(21)、山田樹奈(16)。

関連タグ: