SKE48が東京公演開催 東京出身・岡本彩夏「チームKⅡで来れてよかった」

2021年07月17日 22時05分

東京公演を行ったSKE48チームKⅡ(©2021 Zest,Inc.)
東京公演を行ったSKE48チームKⅡ(©2021 Zest,Inc.)

 アイドルグループ「SKE48」のチームKⅡが17日、Zepp Hanedaでサマーツアーの東京公演を開催。古畑奈和(24)、江籠裕奈(21)、岡本彩夏(18)、鈴木愛菜(17)ら14人のメンバーが昼夜2公演にわたって熱いステージを繰り広げた。

 昼公演では「渚のイメージ」「意外にマンゴー」「無意識の色」などアンコールを含め28曲をパフォーマンス。東京でのライブということもあってか「会いたかった」「フライングゲット」「君のことがすきだから」など姉妹グループ「AKB48」の楽曲も披露し、客席を熱狂の渦に巻き込んだ。

 唯一の東京出身メンバーである岡本は「皆さん、ようこそ私の地元・東京へ」と元気いっぱい。この日は家族もチケット抽選に当選して見に来ていたという。「東京でライブをするのが初めてなんです。チームKⅡで来れてよかったです」と岡本は地元凱旋に笑顔だった。

 SKEのサマーツアーはこの後、大阪、福岡、名古屋でも行われる。

関連タグ: