AKB48高橋みなみ「卒業」発表 後継は横山由依

2014年12月08日 21時30分

卒業を発表した高橋みなみ  (C)AKS

 AKB48の1期生メンバーで、総監督の高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた9周年記念公演でグループからのい卒業を発表した。AKB10周年を迎える来年12月8日をメドに卒業する。

 アンコール後、108人のメンバーを背にステージに登場した高橋は「ここで私からみなさんに一つ発表させてください。私、高橋みなみは2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」と宣言した。

 高橋は「まだ1年先の話ですが、私はAKB48グループ総監督です。メンバーに引き継ぐ時間と猶予をいただくために、このタイミングで発表させていただきました。私はAKB48に入って本当に良かったと思っています」と涙ぐみながら告白。

 総監督の後継者にはAKB48の横山由依(21)を指名し、「彼女は私にとって素晴らしい後輩です。真面目で不器用で一生懸命です。世間の方に見てもらうチャンスだと思う。頑張ってほしいし、1年間で私もバトンを引き継いでいきたいと思います」と熱いエールを送った。

 AKB48は05年12月8日に劇場で初公演を行った。高橋は結成当初からグループをけん引。12年8月には48グループの「総監督」に任命され、総勢300人を超えるグループを引っ張ってきた。

 すでにソロデビューはしているが、後継者育成のため、1年の猶予期間を経て、グループを卒業した後はソロ歌手の夢に向けて歩きだすと思われる。