SKE48のチームEが札幌でライブ 須田亜香里「新しいチームEの姿で立つことができた」

2021年07月12日 07時42分

札幌でライブを行ったSKE48チームE(C)2021 Zest,Inc.
札幌でライブを行ったSKE48チームE(C)2021 Zest,Inc.

 アイドルグループ「SKE48」のチームEが11日、札幌市内のZepp Sapporoでライブを開催。須田亜香里(29)、浅井裕華(17)、熊崎晴香(23)ら16人のメンバーが全力パフォーマンスを繰り広げた。

 全国5か所で行われる夏のZeppツアー初日となったこの日は昼夜2公演が行われ、「重力シンパシー」「ソーユートコあるよね?」など27曲を披露。夏曲パートでは「夏よ、急げ!」「ごめんね、SUMMER」「意外にマンゴー」などSKEを代表するサマーソング7曲のメドレーで会場をヒートアップさせた。

 コロナ禍以降、名古屋以外の場所でライブを行う機会が減っていただけに須田は「大人数で来させてもらったことによって、リハーサルの合間にもすごくメンバー同士の距離が近くなって、こうして新しいチームEの姿で立つことができたと思っています」とニッコリ。熊崎が「今日は(ツアーの)初日ですが、SKE48は今日を皮切りにもっと盛り上がっていくぞー!」と呼び掛けるとファンの間からは大きな拍手が湧き起こった。Zeppツアーはこの後、東京、大阪、福岡、名古屋でも行われる。

【関連記事】

関連タグ: