松井珠理奈AKB48の「鳥取公演」後ダウン

2014年11月12日 21時24分

 AKB48とSKE48兼任の松井珠理奈(17)が11日、鳥取・米子コンベンションセンター BiG SHiPで行われた「AKB48全国ツアー 2014」の公演後にダウンしていたことが12日、わかった。秋元康総合プロデューサーがこの日、交流サイト「755」のアプリで、明かしたもの。

 秋元は<公演後、(珠理奈が)精根尽き果ててぶっ倒れたそうです。ツアーに同行している女医に注射を打ってもらい、ホテルで爆睡して、夜中に「今、目が覚めて、ごはんを食べています」とLINEが来ました。755を書いていないのでファンのみなさんが心配してると思うんですと言うので、無理するなと返信しました。ファンのみなさんは珠理奈の頑張りをわかってくれる>と、がんばりをたたえた。 

 松井は風邪で病み上がり後の舞台だった。

 これを受け12日、松井は「755」に「秋元先生が状況を伝えてくださったんですね。無事に終わったよって一言でも書きたかったのに、 気がついたらホテルの部屋で寝ていました。心配をかけてしまってすみません」と書き込み、謝罪した。

 さらに「ゆっくり寝たら、動けるようになりました!今日も、がんばります」と気丈に働いた。この日、松井は、東京に移動して撮影などをこなした。

関連タグ: