AKB柏木由紀が7・15バースデー復帰へ 難病で休養も変わらぬ〝プロ意識〟

2021年06月09日 06時15分

前向きな柏木由紀

 国指定の難病「脊髄空洞症」が判明したAKB48の柏木由紀(29)が早期手術と治療のため一定期間休養することが分かった。8日に所属事務所の公式サイトなどで発表された。これで7月のソロコンサートやシングルリリースも延期に。10万人に1人といわれる難病で長期離脱が心配されているが、30歳の誕生日である7月15日になんと〝アイドル復帰〟を目指しているという。

 柏木は、3日放送のテレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所 スペシャル」で人間ドックを人生で初受診。その際に10万人に1人とも言われ、国指定の難病である「脊髄空洞症」の疑いがあると診断されていた。

 1年以上前から左手のしびれを訴えており、医者の診断で左足や左半身にもしびれがあることも判明。重症化すれば、歩行困難になる可能性が指摘された。

 所属事務所は8日、「協議の上、大事をとり早期手術と治療のため、一定期間の休養をいただきます」と報告。今月11、12日に出演予定だった舞台「AKB48 THE AUDISHOW」を降板。また、7月7、8日の神奈川・パシフィコ横浜でのソロコンサート、8月31日に予定されたBiSHらWACK所属アーティストとのコラボシングル7作の発売も延期することが発表された。

 柏木はこの日、自身のツイッターでコンサート延期などについて無念さをにじませつつ「まずは治療に専念して、今まで以上に元気な姿をお見せできるようにしたいと思います。心の中で少しでもエールを送っていただけると心強いです!」などとつづった。

 医師の指導の下、体に負荷がかからないと判断された仕事については、手術入院前まで継続するという。

 30歳の誕生日を迎える7月15日には写真集発売も決定しており、事務所は「この日を皆様に笑顔でお祝いしていただけるよう、治療に専念させていただきますことをご理解賜れますと幸いです」としている。

「難病が判明した時は3日ぐらい落ち込んだようですが、気持ちを切り替え『(人間ドックを)受けてよかった!』と前向きに話していた。もともとポジティブで困難に立ち向かう性格。もちろん手術やリハビリなどが順調にいけば…という条件は付くが、柏木本人は誕生日での復帰を目指している」(関係者)

 柏木は先月23日に行われたAKB単独コンサートで演出を担当し、自らも出演。すでに番組を収録した後で難病を把握していたが、一切手を抜かない姿で周囲を驚かせていたという。

「30歳までAKB48を卒業しません!」と宣言している柏木。「コンサートで後輩のヤル気に満ちた姿に刺激を受け、さらに7月からAKB冠番組もスタートすることで『もうちょっとアイドルをやりたい!』と30歳以降のアイドル続行に意欲を見せている」とは柏木を知る芸能関係者。

 元気な〝三十路ゆきりん〟として再び戻ってきてほしいところだ。

関連タグ: