AKB柏木由紀は難病告げられ複雑心境「もうちょっとアイドルをやりたい。めちゃくちゃ元気です!」

2021年06月03日 22時40分

テレビ番組で難病の可能性を告げられた柏木由紀は放送終了後に自身のユーチューブチャンネルで“病状”を報告(C)AKB48

 アイドルグループ・AKB48の柏木由紀(29)が3日、テレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所 芸能人“お悩み解決”人間ドックSP」に出演。人間ドックを初体験し、「脊髄腫瘍の疑い」と診断。さらに、10万人に1人の難病といわれる「脊髄空洞症」の可能性が指摘された。

 昨年から左の指にしびれがあり、整形外科で「手根管症候群」と診断されたことがあるという柏木。常にスマートフォンを持ち歩く生活が原因だと思っていたが、今回のMRI検査で脊髄腫瘍の疑いと、脊髄空洞症の可能性が判明。今後、しびれの範囲が広がり、ダンスなどの仕事や私生活に支障が出て、将来的には歩けなくなる可能性まで伝えられた。

 医師の診察で左足、左半身にもしびれがあることが分かり、手術を勧められる場面も。柏木は今後、治療を検討する。

 柏木は番組放送終了後、自身のユーチューブチャンネルを更新。柏木は改めて「人間ドックで病気が見つかりまして、脊髄空洞症っていう私も初めて聞いたんですけど。番組では10万人に1人という珍しい病気ということです」と報告した。

 改めて検査したことを明かした上で「テレビも出てますし、コンサートも出てます。すごく急いで治療をしなければいけないことではない。ゆっくり(病状が)進行していくということで、一刻を争う事態でもないですし、命にも別条はないんですけど」と説明した。

 さらに「ここだけ褒めてほしいことがある」と笑顔で切り出し、「5月にAKBのコンサートが2日間あったんですけど、1週間前くらい前に(病気を)知って、ウソでしょと。世の中にはいろんな病気とか体調を崩して大変な方も本当にたくさんいると思うんですけど、10万人に1人の難病ですと言われたときの率直な気持ちは『え? 私?』と実感はなかった」と振り返った。

 今後について「スケジュールと相談しながら様子を見て、ちょっとまとまって治療に専念して(という期間が)あると思う。そのときになってみないと、どのくらいかは分からないですけど」と告白。それでも「しびれの原因が脊髄だということが分かって。ちょっと手のしびれが治ってなかったけど、脊髄とは思わなかった。私の場合は早めに見つかって治せるということなので、様子を見て治療したいなと思います」と前を向き、ファンに人間ドックの必要性を訴えた。

「すごくビックリした方もいるかもしれませんが、ユーチューブも変わらず更新していきます。治療までは。温かく見守ってもらえたら」とお願い。今は薬でしびれも収まっているといい、「人生いろんなことがあるなと。もうちょっとアイドルをやりたい。めちゃくちゃ元気です!」と笑顔を見せた。

関連タグ: