HKT48ニューシングル ジャケットはJR九州とコラボした貴重なカット満載

2021年04月15日 13時02分

「君とどこかへ行きたい」通常盤TypeAのジャケット

 5月12日に発売されるHKT48の14thシングルのタイトルが「君とどこかへ行きたい」に決まり、全収録曲のタイトルと全6タイプのジャケットビジュアルが公開された。

 新型コロナウイルスの影響もあり、前作から約1年ぶりとなる新シングルは、グループ初のダブル選抜制を採用。1~3期生の「つばめ選抜」と、4期生以降の「みずほ選抜」の2チームを編成する「ダブル選抜」方式を初採用。「つばめ選抜」のセンターは田中美久(19)、「みずほ選抜」のセンターは運上弘菜(22)が務める。

 通常盤タイプAは、つばめ選抜センターの田中とメンバーたちがJRロゴが描かれた車両の窓から顔をのぞかせ、通常盤タイプBでは佐賀県の肥前長野駅の情緒あるホーム上にメンバーたちが一列に並んだデザイン。

 一方、通常盤タイプCのビジュアルは、車両の中でみずほ選抜のセンター運上をメンバーが囲む笑顔のグループショット、通常盤タイプDでは長崎県の小串郷駅の駅名標の前でたたずむメンバーたち。そして、劇場盤タイプA、タイプBは両センターによるソロカットで構成され、それぞれのシーンでメンバーたちのさまざまな表情を見ることができる。

 中でも車両を使った撮影はこれまで一般には公開されたことがない熊本車両センターで行われており、全てのジャケットビジュアルがJR九州の全面協力による貴重なカットで彩られたレアなコラボ作品となっている。

 列車の旅を想起させるような「君とどこかへ行きたい」というタイトルとビジュアルの公開で、HKT48とJR九州によるコラボが新たに展開されるのかも注目だ。

 なお、同シングルにはグループにとって初となる、ファン投票によって選ばれた楽曲をランキング形式でパフォーマンスしていくコンサート「リクエストアワー」の投票用のシリアルが封入され、劇場盤にはチケット先行予約のシリアルも封入される。

関連タグ: