【AKB東京ドーム公演】入山杏奈「東京ドーム」でステージ復帰!

2014年08月18日 21時15分

入山杏奈(中央)

 5月に岩手県内の握手会イベントで無職男からノコギリで切りつけられ負傷し休養していた入山杏奈(18)が18日、「東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」の終盤、「アリガトウ」で約3か月ぶりに舞台復帰となった。

 総監督の高橋みなみ(23)が「ラスト曲はAKB48全員で歌わせていただきたいと思います。あんにん! お帰り」と呼び入れると、右手首に包帯を巻いた入山が登場。

「みなさん、こんばんわ。入山杏奈です。最後の1曲だけになってしまうんですが、皆と一緒に東京ドームのステージに立てて、すっごくうれしいです」とあいさつすると、会場は総立ちで復帰を祝した。

 事件は、5月25日に岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで発生。開催された握手会で、入山は同じチームAの川栄李奈(19)、警備員男性とともに、無職男の襲撃を受けて指の骨折と頭部裂傷で緊急手術した。