退院した川栄と入山「もう大丈夫です」と気丈に振る舞う

2014年05月26日 18時47分

川栄李奈(左)と入山杏奈

 25日に岩手県内で行われたAKB48の握手会イベントで、無職の男(24=殺人未遂容疑で逮捕)にノコギリで襲われ、頭と手を負傷したメンバーの川栄李奈(19)と入山杏奈(18)が26日午後6時30分、盛岡市の岩手県高度救命救急センターを退院した。

 当初は川栄と入山の2人は痛み止めの薬の影響などで足元がふらつき、車いすで退院するとの説明だったが、報道陣の前に姿を見せた2人は自力で歩き、負傷した手と腕にタオルを巻き、帽子を深くかぶっていた。

 入山は「ご心配をおかけしました。(けがは)もう大丈夫です。東京に帰ります」と頭を下げ、川栄は「ありがとうございました」とまずは心配するファンなどに感謝。報道陣からファンへのひと言を求められると、川栄は「ご心配おかけしました。もう大丈夫です」と気丈に振る舞った。

 川栄は右手親指の骨折と裂傷、入山は右手小指を骨折し、25日に縫合手術を受けた。2人とも頭にも裂傷を負い、手術を受けたが、傷は深くはないという。今後の活動については未定だ。