HKT48新劇場オープン 記念の〝ベストライブ〟にファン歓喜

2020年11月02日 20時30分

新拠点「西日本シティ銀行-HKT48劇場」でこけら落とし公演を行った「HKT48」

 福岡市を拠点とするアイドルグループ・HKT48の新拠点となる「西日本シティ銀行 HKT48劇場」が2日、同市内のPayPayドーム横の複合施設「BOSS E・ZOFUKUOKA」内にオープンした。

 HKT48は、2011年11月26日に旧ホークスタウンモール内の専用劇場で活動をスタート。16年3月31日に施設の再開発のため、閉館。以降は西鉄ホールなど市内3か所で劇場公演を行ってきたが、ついに4年7か月ぶりに新たな専用劇場オープンを迎えた。

 この日のオープン記念公演は、活動中の全メンバー48人が出演。定員300人に対し、新型コロナウイルス感染予防対策として制限を設け、128人のファンを前にパフォーマンスした。

 デビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」から公演スタート。リリースした全13枚のシングル曲を披露する〝集大成のベストライブ〟となった。

 ファンは新劇場オープンを声援やコールの代わりにペンライトで〝祝福〟すると、メンバーは4月に発売した最新シングル「3―2」を劇場初披露するなど笑顔いっぱいで応えた。

 福岡・博多の名所や名物が数多く歌詞に登場する人気曲「HKT48」ではホークスタウンを「BOSS E・ZO」に、3月末に惜しまれながらも閉館したファッションビル「天神コア」は博多駅の「博多マルイ」に変更され、初めて披露された。

 なお、有観客での劇場公演は、新型コロナウイルスの影響もあり、2月25日以来、約8か月ぶりとなった。