指原にAKB復帰&大昇格のウワサ

2014年01月29日 11時00分

場内アナウンスを行う指原(中)。右は朝長、左は田島

「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200」(東京ドームシティホール)が26日、4日目を迎えた。

 

 硬派なイメージの強いAKB48グループ総監督の高橋みなみ(22)が甘い声で盛り上げれば、ファンの前で大島優子(25)が小嶋陽菜(25)のおっぱいを触る大サービスも。ヤンキースと7年総額161億円契約を結んだ田中将大投手(25)がお忍びで訪れるなど、まさに盛りだくさんのコンサートとなった。


 そんななかで、サプライズ発表があり、2月24日に「AKB48グループ大組閣祭り」(東京・Zeppダイバーシティ)の開催が決定した。48グループ全体を巻き込んだ再編成は2012年8月の東京ドーム公演以来で、大規模な再編になることは確実だ。


 ある芸能関係者は「紅白歌合戦で卒業を発表した大島は、そこでチームKキャプテンのバトンタッチをするでしょうね」と語る。


 さらに、注目されるのはAKB48から移籍し、HKT48劇場支配人まで上り詰めた指原莉乃(21)の動向だ。前出の関係者は「“AKB復帰”がささやかれています。AKBグループ全体のプロデューサー的立場に昇格する可能性までありますね」と明かす。


 HKT48劇場支配人を兼務する指原は、今月からスタートしたHKT48初の単独ツアーもスタッフとともにセットリストを決めたり、リハーサルでは先頭に立ってスタッフに指示する姿も見られた。「秋元(康)さんも、将来的にはメンバー自ら歌詞を書いたり、グループを動かすことが理想と考えている。『(指原には)いずれグループのプロデューサーをやらせる』とも冗談交じりで話しています。“いずれ”がいよいよ訪れるかも」(前同)


 すでに指原はSKE48終身名誉研究生の松村香織(24)のデビューシングルでプロデュースを経験。ついに“ヘタれキャラ”さしこが偉くなってしまうのか。

関連タグ: