【SKE48】大場美奈が最大年齢差17歳の異色カルテットで前座に登場「10期生と仲良くなれて良かった」

2020年10月05日 01時02分

前座ガールズとして登場した(左から)林美澪、石塚美月、西井美桜、大場美奈(2020-Zest,Inc.)

 アイドルグループ「SKE48」が4日、「AICHI SKY EXPO」(愛知県常滑市)で劇場公演デビュー12周年記念イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020~12公演一挙披露祭~(2日目)」を開催。この日の最終演目で「RESET公演」が行われた。

 この公演ではオープニングアクトとして若手メンバー4人が楽曲を披露することになっているが、10期生の石塚美月(17)、西井美桜(19)、林美澪(11)とともにステージに登場したのは何と選抜メンバーの大場美奈(28)。最年少の林と大場とは実に17歳差という異色のカルテットが「檸檬の年頃」をしっとりと歌い上げた。

 実は大場はAKBの研究生時代にこの公演の前座ガールズ出演経験があり「12周年ということでスタッフさんから持ち掛けられました。(「檸檬の年頃」に)思い入れもあるし、研究生の子と一緒にステージに立つことも、そんなにないのでやってみよう」となったという。

「目立たないようにと思っていたんですが、観客席の方たちがサイリウムをわたしの応援カラー(水色)にしてくれて。罪悪感がすごくて最後逃げるように走ってはけちゃいました」という大場だが「新鮮で、10期生の子たちと仲良くなれたのはめっちゃうれしかったです」とニッコリ。ファンに大きなインパクトを与えた前座ガールズは大成功だった。

「RESET公演」出演メンバーは以下の通り。赤堀君江(18)、荒野姫楓(18)、石黒友月(16)、井上瑠夏(19)、上村亜柚香(16)、坂本真凛(18)、杉山愛佳(18)、都築里佳(24)、仲村和泉(20)、野島樺乃(19)、野村実代(17)、山内鈴蘭(25)、江籠裕奈(20)、斉藤真木子(26)、福士奈央(21)、鈴木愛菜(16)。

〈前座ガールズ〉大場美奈(28)、石塚美月(17)、西井美桜(19)、林美澪(11)