【SKE48】松井珠理奈「手をつなぐことはできませんが、心をつないで突っ走っていきたい」

2020年10月04日 18時18分

松井珠理奈(2020 Zest,Inc)

 アイドルグループ「SKE48」の劇場公演デビュー12周年記念イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020~12公演一挙披露祭~(2日目)」が4日、「AICHI SKY EXPO」(愛知県常滑市)で開催された。2公演目に行われた「手をつなぎながら公演」にはSKEのエース・松井珠理奈(23)が出演した。

 この公演は珠理奈や松井玲奈(29=2015年8月卒業)が所属していたチームS初のオリジナル公演。通常、珠理奈がパフォーマンスするユニット曲は「Glory days」だが、この日は玲奈の代表的ユニット曲である「雨のピアニスト」に菅原茉椰(20)、谷真理佳(24)とともに登場。会場のファンを驚かせた。

 公演の表題曲にもなっている「手をつなぎながら」では16人のメンバー全員が手をつなぐシーンがあるが、新型コロナウイルス感染予防対策のためメンバー間の身体的接触はなしで行われた。それでも16人のメンバーは元気いっぱいのパフォーマンスで観客を魅了した。

「『手をつなぎながら公演』を見てくださった皆さまありがとうございます。手をつなぐことはできませんが、しっかりこれからも皆様と、メンバーと、心をつないで13年目も突っ走っていけたらと思います。皆さま、これからのSKE48への応援よろしくお願いします」という珠理奈のあいさつには、この日、最も大きな拍手がステージに送られた。

「手をつなぎながら公演」の出演メンバーは以下の16人。井上瑠夏(19)、北川愛乃(19)、坂本真凛(18)、仲村和泉(20)、野村実代(17)、松井珠理奈(23)、浅井裕華(16)、池田楓(20)、鎌田菜月(24)、菅原茉椰(20)、髙畑結希(25)、田辺美月(19)、谷真理佳(24)、西満里奈(20)、平田詩奈(21)、深井ねがい(17)。