【SKE48】須田亜香里が11年前と同じ衣装で躍動「こっそり2キロ減量してきました」

2020年10月04日 00時33分

2キロ減量して周年公演に臨んだ須田亜香里(2020 Zest,Inc.)

 アイドルグループ「SKE48」の劇場公演デビュー12周年記念イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020~12公演一挙披露祭~」が3日から「AICHI SKY EXPO」(愛知県常滑市)で始まり、初日の最終演目では「制服の芽公演」が行われた。

 SKEが12年間に行ってきた12公演と12周年特別ライブが3日間にわたってライブ配信されるこのイベントで初日のトリを飾った「制服の芽公演」はSKEにとって2つ目のオリジナル公演。松井珠理奈(23)、松井玲奈(29)らが所属していたチームSで2009年10月から行われたSKEの代表的演目だ。

 09年12月にこの公演で劇場デビューした須田亜香里(28)は「アンコール用の衣装以外は11年前と同じ衣装を着ていました。ウエストが11年前と変わっていないんですよ。48グループの公演の中でも珍しくお腹を出す衣装が2つ以上あるので結構プレッシャーでした。なので、公演のためにこっそり2キロ減量して、エステにも行きました」とトップアイドルらしく周年公演に向けて万全の状態に仕上げてきた。

 その須田を中心に16人のメンバーは1曲目の「恋を語る詩人になれなくて」からエンジン全開。「制服の芽」「ジェラシーのアリバイ」「ピノキオ軍」など疾走感あふれる楽曲を全力ダンスで披露し、ファンを魅了した。

「12周年を3日連続でこんなに大きな会場でライブができるのはファンの方がいなきゃ絶対に無理だと思う。私たちのことを期待してくれる人がこんなにもいるんだと感じました。SKEがもっと好きになった1日目でした」と須田は公演後、充実の表情を浮かべた。

「制服の芽公演」の出演メンバーは以下の16人。青海ひな乃(19)、石黒友月(16)、井上瑠夏(19)、松本慈子(20)、岡本彩夏(18)、北野瑠華(21)、竹内彩姫(20)、日高優月(22)、鎌田菜月(24)、熊崎晴香(23)、佐藤佳穂(23)、須田亜香里(28)、田辺美月(19)、平田詩奈(21)、深井ねがい(17)、福士奈央(21)