AKB大家志津香と中西智代梨がM―1参戦「本気で挑戦します」

2020年09月14日 18時00分

大家志津香(左)と中西智代梨(C)AKB

 漫才日本一を決める「M―1グランプリ2020」に、AKB48の大家志津香(28)と中西智代梨(25)が参戦することが14日、分かった。

 ともに福岡県出身でお笑い好きという共通点を持つ2人は昨年、女芸人ナンバーワン決定戦「THE W」に出場したが、残念ながら1回戦で敗退している。

 ふかわりょうに憧れて芸能界入りしたほどのお笑いファンである大家は「昔から漫才、漫才師さんが大好きでした! AKB48の最終オーディションで『秋葉原の劇場に立てたら何をしたい?』と聞かれて『漫才やりたいです』と答えたくらいです。それが印象に残ってAKB48に入れたと、後日スタッフさんから聞きました(笑い)。漫才師の方々に負けないくらい本気で挑戦しますので、ぜひ応援よろしくお願いします!」とコメント。

 AKBでは〝バラエティー担当〟で盛り上げ役だという中西は「去年しーちゃん(大家)と『THE W』でコントをしましたが、1回戦で敗退しました。それがすごい悔しくて悔しくて…リベンジさせてもらうために『M―1』に出ることを決意しました。人生で初めての漫才、今は楽しくて仕方ないですが、予選の日が近づくにつれて緊張するんだろうなと思います。緊張しないようにとにかく稽古あるのみ! 頑張ります!」と意欲を語った。

 2人がM―1出場を決意した経緯やネタ作りはどうするのか、さらに稽古の様子などについて、M―1グランプリの公式ユーチューブおよび公式HPで14日から動画配信されている。