SKE48運営会社が役員逮捕を受け謝罪 同日付で役員解任 SKEメンバーに被害はなし

2020年07月28日 18時49分

神奈川県警本部

 神奈川県警は28日、車内で少女2人に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで株式会社「ゼスト」(東京都港区)の取締役・海老根一也容疑者(58)を逮捕した。

 この報道を受けてゼストと親会社の「KeyHolder」は、海老根容疑者を同日付で解任したことを発表した。

 KeyHolderとゼストは「このような形で当社グループの役員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、株主の皆様をはじめ、お取引先企業様、そして当社グループに所属するアイドルグループ・アーティストのファンの皆様など、当社に関係する全ての方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とホームページ上で謝罪。

「現在事実関係を確認中ではございますが、当社グループではこの度の事態を厳粛に受け止め、当該役員を本日付で解任いたしました。当該役員は海外事業担当であるため、当社グループ所属タレントとの交流・接触はございません。今後は警察からの捜査協力への要請には全面的に協力してまいりますとともに、全グループ役職員の指導を今一度徹底し、信頼回復に向け全力で取り組んでいく所存でございます」としている。

 ゼストはアイドルグループ「SKE48」の運営や複数のタレントのマネジメントなどを行っている。関係者によると海老根容疑者は海外担当役員でSKE48の運営には関わっておらず、メンバーとの接点もなかったという。